ドロップシティー(英語表記)drop city

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドロップアウト・コミュニティーともいう。自らドロップアウトを唱える人々が,地代を払い,廃物を購入して,合法的に形成する集落のこと。第2次大戦後,工業国では急速な都市化に伴い貧しい労働者たちがさまざまな形で土地不法占拠居住を始めた。 1960年代に入り,ギリシア,フランス,イギリス,南米諸国などで,しだいに合法的な土地占拠運動が展開されるようになってくる。アメリカのコロラド州砂漠の中では,既成の体制から脱出しようとする人々が,R.B.フラーの「宇宙船地球号」や「全地球カタログ」の世界観を背景に,フラードームなどを自給技術で建築する合法的な集落を形成した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

オーナー商法

物品や権利を消費者に販売すると同時にその物品・権利を事業者が預かり、生産・運用・レンタル・管理・保管などの利殖の高さをうたって資金を集める商法。見かけ上は購入者が物品・権利のオーナーとなるため、こうよ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android