ドンタプ省(読み)ドンタプ(英語表記)Dong Thap

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドンタプ〔省〕
ドンタプ
Dong Thap

ベトナム南部の省。省都カオライン。低平なメコン川デルタの北西部に位置し,北はカンボジア国境を接する。主産業は米作で,北部を中心に広がるドンタプムオイと呼ばれる湿地帯では浮稲栽培が行われる。省を貫流するメコン川と結ぶ運河網が発達し,また沼沢地が多いため,淡水魚の養殖が盛ん。面積 3276km2。人口 140万 1600 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる