コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドント商 ドントショウ

デジタル大辞泉の解説

ドント‐しょう〔‐シヤウ〕【ドント商】

ドント方式で行われる比例代表選挙において、各政党の獲得議席数を決定するため、各政党の得票数を1以降の整数で割った数値のこと。
[補説]各政党のドント商(得票数÷1、得票数÷2、得票数÷3、…)に対し、値が大きい順に順位を付けていき、比例代表の定数までの順位が付いたドント商の数を各政党の獲得議席数とする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ドント商の関連キーワード比例区の当選の決まり方参院選比例区

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android