コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナオス ナオス naos

1件 の用語解説(ナオスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナオス
ナオス
naos

建築用語。ギリシア語で「神殿」の意。狭義には神殿建築で神像を安置する内室 (→ケラ ) をさす。主室。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のナオスの言及

【ギリシア美術】より


[神殿建築]
 神殿はギリシアの公共建築の中で最も古い遺構を残しており,その建築の様式はギリシアの他の建築の手本になったばかりでなく,いわゆる古典様式として,それ以後の西洋建築の規範となった。神殿の平面は単純なメガロン型で,奥行きの深い縦長長方形広間の神室(ナオス)と,その前面にナオスの側壁を延長したポーチ(プロナオス)から成る。プロナオスの正面には側壁の間に2本の柱を立て,玄関柱廊を形づくるのが普通で,この形式をイン・アンティス式と呼ぶ。…

【ケラ】より

…ギリシア・ローマ神殿において,周囲の列柱廊部分から壁によって区別された,神殿の本体を指す用語。しばしば,内陣,すなわち神像を安置する神殿の主室であるギリシア語のナオスnaosと同義に使われる。しかし厳密には,ナオスのほかに,プロナオスpronaos(玄関間,前室)およびオピストドモスopisthodomos(裏玄関間,後室)をも含む。…

【神殿】より

エジプト美術[建築]
[ギリシア・ローマ]
 ギリシアの神殿は,初めは日乾煉瓦の壁と木の柱で建てられていたが,前6世紀ころから石造となり,独自の建築様式が確立された。平面は神室(ナオス)と玄関ポーチ(プロナオス)から成るメガロン型で,切妻造,妻入り形式を基本とする。背面に玄関ポーチと同形の後室(オピストドモス)が加えられることもある。…

※「ナオス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ナオスの関連キーワードギリシアケラカリアティードブリシアギリシア喜劇フォティアディス《ギリシア語真宝》《ギリシア語問答》コイネー・ギリシア語古典ギリシア語

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ナオスの関連情報