ナクスコウ(英語表記)Nakskov

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナクスコウ
Nakskov

デンマーク南東部,ストルストレームス県の都市。ロラン島の西部,ナクスコウフィヨルドにのぞむ。 13世紀に市場町として開かれた。 1420年の火災で焼かれ,1510年にはハンザ同盟都市リューベックに,1658年にはスウェーデンによって占領された。同島有数の商業,精糖工業の中心地。また,コペンハーゲンヘルシンゲルオーデンセオールフスと並んで造船工業が盛ん。聖ニコライ聖堂は,ゴシック様式の建築で有名。人口約2万。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android