コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナスル朝宮殿 ナスルチョウキュウデン

デジタル大辞泉の解説

ナスルちょう‐きゅうでん〔‐テウ‐〕【ナスル朝宮殿】

Palacios Nazaries》スペイン南部の都市グラナダにあるアルハンブラ宮殿の中心的な建造物群。現存する最古の建物であるメスアール宮、アラヤネスの中庭を囲むコマレス宮、ライオン宮などで構成される。アメリカの作家ワシントン=アービングが「アルハンブラ物語」を執筆した部屋も残っている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android