コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナット節

1件 の用語解説(ナット節の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

ナット節

北海道の民謡。特に千島、樺太で働く人足たちに歌われた労作唄。缶詰工場の工員たちによって歌われて『缶詰所節』『女工節』となり、さらに山形に伝わって『真室川音頭』になったとされる。1965年には作詞:杵渕一郎、編曲:初代浜田喜一による『道南ナット節』が作られ、特に広く歌われている。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナット節の関連キーワード表方樺太開拓使樺太千島交換条約北海盆唄老僧千島カムチャツカ海溝千島樺太交換条約イワブクロ千島・樺太交換条約北海道根室市千島町

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone