山形(読み)やまがた

日本大百科全書(ニッポニカ)「山形」の解説

山形
やまがた

岩手県北部、九戸郡(くのへぐん)にあった旧村名(山形村(むら))。現在は久慈(くじ)市の西部を占める地域。2006年(平成18)久慈市に合併。北上(きたかみ)高地の北部にあり、旧村域の約95%が山林原野。国道281号が通じる。かつては木炭王国として知られたが、近年は短角牛の飼育が盛ん。久慈川水系の川井川、日野沢川、戸呂町(へろまち)川の流域に畑作中心の集落が点在する。シラカバとツツジの平庭高原(ひらにわこうげん)、奇岩と清流の久慈川渓流は久慈平庭高原県立自然公園に属し、小国(おぐに)の内間木鍾乳洞(うちまぎしょうにゅうどう)は県指定天然記念物。

[金野靜一]

『『山形村誌』複製本(1968・山形村)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「山形」の解説

やま‐なり【山形】

山のような、中央が高くなった形を描くこと。また、その形。「山形のボール」

やま‐がた【山形/山型】

山のような形。やまなり。「荷物を―に積む」
鞍の前輪(まえわ)後輪(しずわ)で、中央部の高くなったところ。
射場の的の後方に張った幕。的皮(まとがわ)。
歌舞伎などの立ち回りの型の一。を大きく上段に振りかぶって左右に打ちおろす。
折烏帽子(おりえぼし)の部分の名。ひなさきの上部で、最も高い部分。
紋所の名。山をかたどったもの。入り山形・違い山形など種類が多い。
江戸吉原の細見で、遊女の源氏名に付けて等級を示すしるし。また、その等級の遊女。一重は部屋持ち、二重は座敷持ち以上を表し、白山形・黒山形、山形に一つ星などのしるしがあった。

やまがた【山形】[地名]

東北地方南西部の県。日本海に面する。明治元年(1868)に出羽(でわ)から分かれた羽前(うぜん)の全域と羽後(うご)の一部にあたる。人口116.9万(2010)。
山形県中東部の市。県庁所在地。最上氏の城下町として発展、江戸時代は藩主の交代が相次ぎ、幕末には水野氏の城下町。鋳物やサクランボウを産し、ベニバナの集散地。蔵王温泉立石寺などがある。人口25.4万(2010)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「山形」の解説

山形
やまがた

岩手県北東部,久慈市西部の旧村域。久慈川上流域に位置し,平庭岳,明神岳などの山が連なる。地名は江戸期以来の名称にちなむ。 90%以上が山林原野であるため用材薪炭,牛馬の産地であった。短角牛の繁殖のほかホウレンソウの栽培が行なわれている。久慈川中流部久慈渓流は平庭高原とともに久慈平庭県立自然公園となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「山形」の解説

さん‐けい【山形】

〘名〙 山の形。山のなり。山勢
※話の屑籠〈菊池寛〉昭和六年(1931)一〇月「東海道で飛行機の上から富士山を見たが、〈略〉その色彩山形の美しさに、恍惚とするばかりであった」 〔庾信‐周大将軍侯莫陳君夫人竇氏墓誌銘〕

やま‐なり【山形】

〘名〙 山のような形になること。また、その形。やまがた。
※俳諧・文化句帖‐元年(1804)四月「山形に寝ればなく也閑古鳥」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ゴールデンカムイ

「週刊ヤングジャンプ」(集英社発行)で2014年38号より連載されている北海道出身の漫画家・野田サトルの漫画作品。日露戦争の帰還兵である杉元佐一が北海道で一攫千金を目指して繰り広げる冒険劇で、作中のア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android