コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナマグサクロボキン(腥黒穂菌) ナマグサクロボキンTilletia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナマグサクロボキン(腥黒穂菌)
ナマグサクロボキン
Tilletia

担子菌類半担子菌類クロボキン目ナマグサクロボキン科の寄生菌。コムギに寄生する T. triticiは全世界に分布し,最もよく知られている。本菌におかされたコムギの穂は全子房に胞子堆をつける。したがって粒は卵形ないし円筒形になって頸が異常に開き,暗褐色の内容が現れる。胞子の塊は黒褐色で魚の腐った臭いを発するのでこの和名がつけられた。この菌と同科に属するものは 10属以上もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone