コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナルボ Narbo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナルボ
Narbo

古代ローマの海港都市。現フランスのナルボンヌ。その名はすでに前 500年頃より知られ,ケルト・イベリア王国の中心であった。前 118年ローマ植民市 (コロニア ) としてナルボ・マルチウスが設けられ,やがてユリウス・カエサルの第 10軍団が定住。ナルボネンシスの州都,皇帝礼拝と商業取引の中心として発展した。しかし2世紀に火災にあって衰退し,州都もネマウスス (現ニーム) に移された。 462年西ゴート人に攻略された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ナルボの関連キーワードラモン・ベレンゲール[3世]ドミチウス・アヘノバルブスアブラハム[ナルボンヌ]アクアエ・セクスチアエ世界ボクシング評議会オード川(フランス)ピエール ラプラードピエール ルベルディカミーユ ラクール世界ボクシング協会世界ボクシング機構アルルの円形闘技場ガロ・ロマン時代シャルル トレネモンテリマールアラウシオの戦アロブロゲス族アロブロゲス人ピピン(小)エスキロール

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android