定住(読み)ていじゅう

精選版 日本国語大辞典「定住」の解説

てい‐じゅう ‥ヂュウ【定住】

〙 ある場所住居を定めること。一定の場所に長く住むこと。また、定まった住居。
※動物小学(1881)〈松本駒次郎訳〉下「其性一処に定住せず」
※シベリヤ物語(1950‐54)〈長谷川四郎〉ナスンボ「むかしは平原に遊牧していた一族の人々が、今は定住し、平和な町を作り」 〔辛棄疾‐満江紅詞〕

じょう‐じゅう ヂャウヂュウ【定住】

〘名〙 きまってそこに住んでいること。ある一定の場所に住居を決めること。ていじゅう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「定住」の解説

てい‐じゅう〔‐ヂユウ〕【定住】

[名](スル)一定の場所に住居を構え、そこに住みつくこと。「赴任先に定住する」

じょう‐じゅう〔ヂヤウヂユウ〕【定住】

[名](スル)ていじゅう(定住)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android