コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナレースエン Naresuan

世界大百科事典 第2版の解説

ナレースエン【Naresuan】

?‐1605
タイ,アユタヤ朝のスコータイ王家第2代の王。在位1590‐1605年。1569年ビルマ(現ミャンマー)はアユタヤを占領したが,ナレースエンは少年時代人質としてビルマに6年間居住した経験をもつ。生来の武将といわれ,ビルマ王の命を受けて各地で戦闘に従事した。84年アユタヤはビルマの内紛に乗じて独立を宣し,アユタヤの再支配を目ざして侵攻するビルマ軍を数次にわたり撃退して独立を全うした。90年父王マハータンマラーチャを継いで王となったナレースエンは,その後も繰り返されたビルマ軍の侵攻を防ぐにとどまらず,2度にわたりビルマ遠征を行った(1594,1599)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のナレースエンの言及

【スコータイ朝】より

…1569年ビルマ軍がアユタヤを滅ぼしたとき,ビルマ王はスコータイ王家の血を引くマハータンマラーチャーを,属国としたアユタヤの王位につけた。その子ナレースエンはビルマの支配に抗して立ち上がり,タイの独立を回復した。かくしてスコータイ王朝がアユタヤに再現されることとなった。…

※「ナレースエン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ナレースエンの関連キーワードワットヤイチャイモンコンナレースエン・マハラートチャンタラカセーム宮殿ワットプーカオトンタイ・ビルマ戦役ピサヌロークタイ(国)

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android