コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナンピン(南平)市 ナンピンNanping

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナンピン(南平)〔市〕
ナンピン
Nanping

中国華東地方,フーチエン (福建) 省中部,ミン (閩) 江中流北岸にある市。ナンピン地区に属する。ミン江の三大源流であるフートン (富屯) 渓,シャー (沙) 渓,チエン (建) 渓の合流点にあり,省内陸の物資集散の要衝。下流へは小汽船が,上流へは小舟がそれぞれ通じる。また谷沿いにチヤンシー (江西) 省,チョーチヤン (浙江) 省に出る自動車道が通じる。漢代に南平県がおかれて地方行政の中心地となり,明・清代には延平府の府治であった。工業化が進み,製紙,紡織,電機,トラクタなどの近代的な大工場がある。製紙工場では周辺山地のマツ類を原料に新聞紙用巻取紙を量産。ほかに化学肥料,ペイント,セメント,皮革などの工場や火力発電所がある。周辺山地は林産資源に富み,マツ,スギなどの用材のほか,シイタケ,干したけのこ,タイワンクロモジや漢方薬材を産する。西郊のワイヤン (外洋) でインシヤ (鷹厦) 鉄道とナンフー (南福) 鉄道が接続している。人口 292万 7960 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ナンピン(南平)市の関連キーワードインシヤ(鷹厦)鉄道ワイヤン(外洋)ミン(閩)江

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android