外洋(読み)がいよう(英語表記)off shore

日本大百科全書(ニッポニカ)「外洋」の解説

外洋
がいよう
off shore

外海(そとうみ)、大洋のこと。内湾や内海と対比させて用いられる。質的には海洋のなかで、河川水や地下水など陸上からの流入による塩分の低下や栄養塩化、海洋汚染など沿岸からの影響がない沖合い海域をいう。沿岸海域との厳密な区分はなく、その境界は場所によって異なるが、一般的には大陸棚斜面から沖合いをさすことが多い。洋水は沿岸水に比べて一般に高塩分で透明度が大きく、水色は青みがかっており、また沿岸水より気象の影響を受けにくく、海況の季節的変化も少ない。

[長坂昂一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「外洋」の解説

がい‐よう グヮイヤウ【外洋】

〘名〙 ひろびろとした大きな海。内湾や内海に対していう。大洋。遠洋。外海。
※紅毛雑話(1787)三「東北は(ボルネヲ)に近し。西は外洋なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android