用材(読み)ヨウザイ

デジタル大辞泉の解説

よう‐ざい【用材】

建築・工事・家具などに用いる木材。「用材置き場」「建築用材
材料として使用するもの。「学習用材

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ようざい【用材】

土木・建築・家具製作などに用いる材木。 「建築-」
材料として用いるもの。 「学習-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

よう‐ざい【用材】

〘名〙
① 使用する木材。特に、燃料以外の建築・工事・家具などに用いる木材。
※小学読本(1874)〈榊原・那珂・稲垣〉三「人間の用材となるべき木は、扁柏(ひのき)、松杉、尤緊要とす」
② 広く、材料として用いるもの。
※造化妙々奇談(1879‐80)〈宮崎柳条〉一六「其用材(ヨウザイ)も亦奇異とす。結ぶに草を用ひ、丸めるに泥を用ひ、構るに木の皮を以てし」
③ 有能な人材を用いること。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

用材の関連情報