コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナンリン(南嶺)山地 ナンリンさんちNan ling

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナンリン(南嶺)山地
ナンリンさんち
Nan ling

中国南東部,フーナン (湖南) 省とコワンシー (広西) チワン (壮) 族自治区,コワントン (広東) 省の境界にある東西方向の山地。チャン (長) 江中流域とチュー (珠) 江水系との分水界で,華中と華南との境界ともなっている。5つの山塊から成り,古くは五嶺と呼ばれた。西からユエチョンリン (越城嶺) 山脈,トーパンリン (都 龐嶺) 山脈,モンチューリン (萌渚嶺) 山脈,チーティエンリン (騎田嶺) 山脈,ターユイリン (大 庾嶺) 山脈である。平均標高は 1000m前後で,山間には石灰岩や赤色砂岩の盆地が散在する。マツ類とスギ類が繁茂し,中国有数の用材産地である。またタングステン,鉛,スズなども豊富に埋蔵されている。盆地と谷を連ねて南北の交通路が開かれており,カン (贛) 江の上流とペイ (北) 江の上流をつなぐシヤオメイ (小梅) 関が歴史的に有名。中部をチンコワン (京広) 鉄道,西部をシヤンクイ (湘桂) 鉄道が横断している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ナンリン(南嶺)山地の関連キーワードオウヤンハイ(欧陽海)ダムシャオヤン(邵陽)特別市リンリン(零陵)地区チェンチョウ地区シヤン(湘)江チェンチョウ市

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android