ニコルソン‐べイリーモデル(英語表記)Nicholson-Bailey model

法則の辞典の解説

ニコルソン‐べイリーモデル【Nicholson-Bailey model】

寄主昆虫と捕食寄生者寄生蜂など)を対象とした,不連続世代をもつ被食者‐捕食者系の理論モデル.

t 世代の寄主の個体数を Ht,捕食寄生者の個体数を Pt として,寄主の世代当たりの増加率を λ,1匹の寄主が1匹の捕食寄生者に遭遇する確率を a,寄生された寄主一匹から捕食寄生者の c 匹が羽化するという仮定をおくと

Ht+1=λfHtPtHt

Pt+1c {1-fHtPt) }Ht

となる.関数 fHtPt)は寄主が1回も捕食寄生者に遭遇しない確率を表す.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

受託収賄罪

公務員が,職務に関する請託を受け,これを了承したうえで賄賂を受取ったり,要求,約束したりした場合に成立する犯罪。請託のない場合は単純収賄となり,法定刑が5年以下の懲役であるのに対し,請託のあったことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android