コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニコルソン‐べイリーモデル Nicholson-Bailey model

1件 の用語解説(ニコルソン‐べイリーモデルの意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

ニコルソン‐べイリーモデル【Nicholson-Bailey model】

寄主昆虫と捕食寄生者(寄生蜂など)を対象とした,不連続世代をもつ被食者‐捕食者系の理論モデル

t 世代の寄主の個体数を Ht,捕食寄生者の個体数を Pt として,寄主の世代当たりの増加率を λ,1匹の寄主が1匹の捕食寄生者に遭遇する確率を a,寄生された寄主一匹から捕食寄生者の c 匹が羽化するという仮定をおくと

Ht+1=λfHtPtHt

Pt+1c {1-fHtPt) }Ht

となる.関数 fHtPt)は寄主が1回も捕食寄生者に遭遇しない確率を表す.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ニコルソン‐べイリーモデルの関連キーワード活物寄生寄生根寄生蜂外部寄生寄生蠅内部寄生半寄生丸寄生飴蜂宿主-寄生体相互関係

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone