コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寄生蜂 きせいほうparasitic wasp

5件 の用語解説(寄生蜂の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

寄生蜂
きせいほう
parasitic wasp

膜翅類に属する昆虫のうち,雌バチが他の昆虫類,クモなどに直接または間接に卵を産みつけ,孵化した幼虫が宿主を食べて育つものをいう。この場合,ハチの幼虫は宿主の筋肉や脂肪などを食べ,結局は宿主を食い殺してしまうので,一般の寄生とは区別して捕食寄生と呼ぶ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

きせい‐ばち【寄生蜂】

ハチのうち、他の昆虫やその卵に産卵し、卵からかえった幼虫がそれを食べて成長するもの。タマバチコバチヒメバチコマユバチツチバチなど。害虫の天敵として重要。やどりばち。きせいほう。

やどり‐ばち【寄生蜂】

きせいばち(寄生蜂)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きせいばち【寄生蜂】

ハチ類のうち、他の昆虫やクモあるいはその卵に産卵し、幼虫がそれらを食べて育つ種の総称。ハチ類の過半数を占め、害虫の天敵として利用できるものも多い。きせいほう。やどりばち。

やどりばち【寄生蜂】

キセイバチの別名。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

寄生蜂の関連情報