コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寄生蜂 きせいほうparasitic wasp

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

寄生蜂
きせいほう
parasitic wasp

膜翅類に属する昆虫のうち,雌バチが他の昆虫類,クモなどに直接または間接に卵を産みつけ,孵化した幼虫が宿主を食べて育つものをいう。この場合,ハチの幼虫は宿主の筋肉や脂肪などを食べ,結局は宿主を食い殺してしまうので,一般の寄生とは区別して捕食寄生と呼ぶ。膜翅類のうち大多数が寄生蜂であると考えられ,コバチヒメバチヤセバチタマバチアリガタバチツチバチ (いずれも上科のレベル) などによって代表される。このうちコバチ上科には植物の種子などに寄生するものがあり,タマバチ上科の大部分の種は植物に寄生して虫 癭 (ちゅうえい) をつくる。寄生蜂の種類によってその宿主の種類と態は決っており,卵につくもの,幼虫につくもの,成虫の雌だけを選ぶものなどがある。なかには,すでに他の昆虫類に寄生している寄生蜂の幼虫に寄生する (重寄生という) ものもある。また宿主の体内に産み込んだ卵が分裂して1個の卵が数個~数千個の胚を生じる,いわゆる多胚形成の例も知られていて,トビコバチに多くみられる。ほかには,産卵の際宿主を刺して一時的に麻痺させる,いわゆる狩人蜂への移行段階のものや,スズメバチ,ジガバチ,ミツバチ,ベッコウバチ (いずれも上科のレベル) の仲間のように,近縁の属 (まれに種) の巣に侵入してその卵を破壊し,たくわえられている食物に産卵する労働寄生蜂と呼ばれる種類もある。さらに進んだものとしては,社会寄生蜂がある。この蜂の仲間は職蜂を欠き,女王は職蜂をもつ近縁のハチの巣に侵入して自分の子供の哺育をさせる。これにはマルハナバチヤドリ類,ヤドリスズメバチ類,ヤドリアシナガバチ類などが含まれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

きせいばち【寄生蜂】

ハチ類のうち、他の昆虫やクモあるいはその卵に産卵し、幼虫がそれらを食べて育つ種の総称。ハチ類の過半数を占め、害虫の天敵として利用できるものも多い。きせいほう。やどりばち。

やどりばち【寄生蜂】

キセイバチの別名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

寄生蜂 (ヤドリバチ)

動物。膜翅目の昆虫のうち,他の昆虫などに寄生するハチ類の総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

寄生蜂の関連キーワードニコルソン‐べイリーモデルヤドリバチ(寄生蜂)イチジク受粉カギバラバチ過半数有剣類動物益虫飴蜂小蜂

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android