コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニトロソミオグロビン

栄養・生化学辞典の解説

ニトロソミオグロビン

 一酸化窒素と還元型ミオグロビンの鉄が結合したもの.肉の加工で,塩漬けするとき,亜硝酸塩を入れるが,その亜硝酸塩から生成する酸化窒素が肉内のミオグロビンと結合して肉の色を作る.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

ニトロソミオグロビンの関連キーワードニトロソミオクロモーゲン発色剤ヘム

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android