コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニュージーランドの国会議事堂 ニュージーランドのこっかいぎじどう

1件 の用語解説(ニュージーランドの国会議事堂の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ニュージーランドのこっかいぎじどう【ニュージーランドの国会議事堂】

ニュージーランドの首都ウェリントンのウェリントン駅から徒歩3分ほどのところにある複合施設。ボーエン通りの正門を入って、右からゴシックスタイルの国会図書館議事堂、首相執務室と会議場を兼ねたビーハイブ(蜜蜂の巣)が並び、同国の首都を象徴している。イギリス人建築家バジル・スペンス卿の設計で1969年に起工、1980年に完成した。周囲の木々とも見事に調和をみせ、建物の前には広々とした芝の公園が広がっている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ニュージーランドの国会議事堂の関連キーワードニュージーランドニュージーランド亜区新西蘭とうほくニュージーランド村ニュージーランド交響楽団ニュージーランドマアジニュージーランド・ハンタウェイニュージーランド・ポニー種 (New Zeal Land Pony)ニュージーランド馬衣 (New Zealand rug)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone