起工(読み)きこう

精選版 日本国語大辞典「起工」の解説

き‐こう【起工】

〘名〙 工事をはじめること。工事に着手すること。着工。
※経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉後「新都の経営に着手せんとし茲に起工の式を行へり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「起工」の解説

き‐こう【起工】

[名](スル)工事を始めること。大規模なものにいう。着工。「起工式」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の起工の言及

【造船】より

… 完成したブロックはドックまたは船台上にクレーンで積み上げられ,このブロックどうしをさらに溶接で接続して船の形に組み立てていく。完成したブロックを初めて搭載する作業を起工といい,このときふつう起工式が行われる。 このように,船体を適当な大きさのいくつかのブロックに区分し,各ブロックをつくってからこれを順次積み上げて船体をつくっていく方法をブロック建造法といい,現在の大型船はすべてこの方法で建造されている。…

※「起工」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android