コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヌエバロシタ ヌエバロシタNueva Rosita

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヌエバロシタ
Nueva Rosita

メキシコ北部,コアウイラ州北東部の都市。州都サルティヨの北約 300km,東マドレ山脈北部東麓,標高約 430mの地にあり,サビナス川にのぞむ。周辺のサビナス炭田の開発に伴って 1930年代以降発展し,この地域の工業中心地となった。コークスを製造するほか,亜鉛製練所があり,硫酸亜鉛,硫酸などを生産する。アメリカ合衆国との国境の町ピエドラスネグラスとメキシコ市を結ぶ幹線道路が通る。人口3万 3121 (1980) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android