コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硫酸亜鉛 リュウサンアエン

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうさんあえん【硫酸亜鉛 zinc sulfate】

化学式ZnSO4。亜鉛を希硫酸に溶解した溶液を濃縮冷却すると,0~39℃で7水和物が得られる。白色結晶。以前は白色の硫酸塩であることから皓礬(こうばん∥こうは)とも呼ばれた。MgSO4・7H2Oと同形で斜方晶系。a=11.779Å,b=12.050Å,c=6.822Å,Z=4。Znに6H2Oが配位し,残る1分子のH2OはSO4の酸素と配位,H2Oの酸素水素結合をしている。39~60℃で結晶をつくると6水和物,60~100℃では1水和物が得られる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

りゅうさんあえん【硫酸亜鉛】

亜鉛を希硫酸に溶かすか、閃亜鉛鉱(硫化亜鉛)を焼いて得られる白色の結晶性粉末。化学式 ZnSO4 七水和物を皓礬こうばんという。顔料・媒染剤・医薬品などに用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

硫酸亜鉛
りゅうさんあえん
zinc sulfate

亜鉛の硫酸塩で、通常は七水和物がよく知られ、皓礬(こうは)とよばれる。天然には無水和物および七水和物が産出する。
 工業的には硫化亜鉛を適当に(かしょう)して無水和物が得られる。金属亜鉛または酸化亜鉛、炭酸亜鉛を希硫酸に溶解し、濃縮冷却して39℃以下で結晶化すると七水和物が、39~70℃で結晶させると六水和物ZnSO46H2Oが、さらに70℃以上では一水和物ZnSO4H2Oが得られる。
 七水和物は無色・無臭。収斂(しゅうれん)性のある結晶。空気中では風解する。急に熱すると約50℃で結晶水に溶けるが、穏やかに熱すると39℃で六水和物となり、70℃では一水和物となるが、さらに240~280℃では無水和物となる。水に易溶。水溶液は加水分解して弱酸性。エタノール(エチルアルコール)に難溶。
 六水和物は無色単斜晶系結晶。比重2.072(測定温度15℃)。
 一水和物は無色の粉末。比重3.28(測定温度15℃)。用途としては顔料(リトポンとして)、防腐剤などとして使用されるが、収斂性、防腐性、止血性を利用して医薬品として用いられ、とくに点眼薬として使用される。なお毒物および劇物取締法で指定される劇薬である。[中原勝儼]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

硫酸亜鉛の関連キーワード慢性甲状腺炎(橋本病/自己免疫性甲状腺炎)硫酸亜鉛(データノート)カドミウムイェローダニエル電池ヌエバロシタビアンキ石ルゴール液電気亜鉛閃亜鉛鉱電解採取標準電池斜方晶系トタン板可逆電池ダイセン硫化亜鉛重力電池リトポン自動酸化媒染剤

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android