コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硫酸亜鉛 リュウサンアエン

4件 の用語解説(硫酸亜鉛の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

りゅうさん‐あえん〔リウサン‐〕【硫酸亜鉛】

亜鉛希硫酸に溶かして得られる無色の結晶。七水和物皓礬(こうばん)ともいう。水溶液は弱酸性。顔料・防腐剤・点眼薬などに使用。化学式ZnSO4

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうさんあえん【硫酸亜鉛 zinc sulfate】

化学式ZnSO4。亜鉛を希硫酸に溶解した溶液を濃縮冷却すると,0~39℃で7水和物が得られる。白色結晶。以前は白色の硫酸塩であることから皓礬(こうばん∥こうは)とも呼ばれた。MgSO4・7H2Oと同形で斜方晶系。a=11.779Å,b=12.050Å,c=6.822Å,Z=4。Znに6H2Oが配位し,残る1分子のH2OはSO4の酸素と配位,H2Oの酸素と水素結合をしている。39~60℃で結晶をつくると6水和物,60~100℃では1水和物が得られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

りゅうさんあえん【硫酸亜鉛】

亜鉛を希硫酸に溶かすか、閃亜鉛鉱(硫化亜鉛)を焼いて得られる白色の結晶性粉末。化学式 ZnSO4 七水和物を皓礬こうばんという。顔料・媒染剤・医薬品などに用いる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

硫酸亜鉛
りゅうさんあえん
zinc sulfate

亜鉛の硫酸塩で、通常は七水和物がよく知られ、皓礬(こうは)とよばれる。天然には無水和物および七水和物が産出する。
 工業的には硫化亜鉛を適当に(かしょう)して無水和物が得られる。金属亜鉛または酸化亜鉛、炭酸亜鉛を希硫酸に溶解し、濃縮冷却して39℃以下で結晶化すると七水和物が、39~70℃で結晶させると六水和物ZnSO46H2Oが、さらに70℃以上では一水和物ZnSO4H2Oが得られる。
 七水和物は無色・無臭。収斂(しゅうれん)性のある結晶。空気中では風解する。急に熱すると約50℃で結晶水に溶けるが、穏やかに熱すると39℃で六水和物となり、70℃では一水和物となるが、さらに240~280℃では無水和物となる。水に易溶。水溶液は加水分解して弱酸性。エタノール(エチルアルコール)に難溶。
 六水和物は無色単斜晶系結晶。比重2.072(測定温度15℃)。
 一水和物は無色の粉末。比重3.28(測定温度15℃)。用途としては顔料(リトポンとして)、防腐剤などとして使用されるが、収斂性、防腐性、止血性を利用して医薬品として用いられ、とくに点眼薬として使用される。なお毒物および劇物取締法で指定される劇薬である。[中原勝儼]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

硫酸亜鉛の関連キーワード塩化亜鉛硝酸マンガン硫酸アルミニウム硫酸銅希硫酸・稀硫酸接触法希硫酸電解採取硫酸銀硫酸チタン

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

硫酸亜鉛の関連情報