幹線道路(読み)カンセンドウロ

デジタル大辞泉「幹線道路」の解説

かんせん‐どうろ〔‐ダウロ〕【幹線道路】

全国あるいは地域・都市内において、主要な地点を結び、道路網の骨格を形成する道路。高速自動車国道一般国道主要地方道一般都道府県道など。→区画道路

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「幹線道路」の解説

かんせん‐どうろ ‥ダウロ【幹線道路】

〘名〙 道路網の基幹となる道路。
※警察法(1954)五条「全国的な幹線道路における交通の規制に関すること」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android