ヌメリササタケ(滑笹茸)(読み)ヌメリササタケ(英語表記)Cortinarius mucifluus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヌメリササタケ(滑笹茸)
ヌメリササタケ
Cortinarius mucifluus

担子菌類マツタケ目フウセンタケ科。秋に,林地の地上に群生する。傘は径3~9cm,鐘形で開ききるとそり返る。表面は粘性があり,黄土色または茶褐色。縁に著しい筋があり,膜質で若いうちは柄につながる。ひだは粘土色のちに錆色になる。柄は径1~2cmで高さ7~10cm。胞子紋は錆色。食べられる。日本各地に産し,北アメリカ,ヨーロッパにも分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android