コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヌメリササタケ(滑笹茸) ヌメリササタケCortinarius mucifluus

1件 の用語解説(ヌメリササタケ(滑笹茸)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヌメリササタケ(滑笹茸)
ヌメリササタケ
Cortinarius mucifluus

担子菌類マツタケ目フウセンタケ科。秋に,林地の地上に群生する。傘は径3~9cm,鐘形で開ききるとそり返る。表面は粘性があり,黄土色または茶褐色。縁に著しい筋があり,膜質で若いうちは柄につながる。ひだは粘土色のちに錆色になる。柄は径1~2cmで高さ7~10cm。胞子紋は錆色。食べられる。日本各地に産し,北アメリカ,ヨーロッパにも分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone