コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヌメリササタケ(滑笹茸) ヌメリササタケCortinarius mucifluus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヌメリササタケ(滑笹茸)
ヌメリササタケ
Cortinarius mucifluus

担子菌類マツタケ目フウセンタケ科。秋に,林地の地上に群生する。傘は径3~9cm,鐘形で開ききるとそり返る。表面は粘性があり,黄土色または茶褐色。縁に著しい筋があり,膜質で若いうちは柄につながる。ひだは粘土色のちに錆色になる。柄は径1~2cmで高さ7~10cm。胞子紋は錆色。食べられる。日本各地に産し,北アメリカ,ヨーロッパにも分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android