黄土色(読み)おうどいろ

色名がわかる辞典「黄土色」の解説

おうどいろ【黄土色】

色名の一つ。JISの色彩規格では「くすんだ赤み」としている。一般に、赤がかかった黄色のこと。黄色みがかった茶色ともいう。人類最古の顔料である黄土の色を表す。絵の具や壁の塗装などに用いられてきた。英名イエローオーカー(yellow ochre)、仏名オークルジョーヌ。中国の黄土高原など砂漠の土の色はもう少し薄い。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「黄土色」の解説

おうど‐いろ ワウド‥【黄土色】

〘名〙 慣用色名の一つ。黄土に似た茶色みをおびた黄色。
※LIBER STUDIORUM(1930)〈寺田寅彦〉三「空は真青に、ビルディングの壁面は温かい黄土色に輝いて居る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android