黄土色(読み)おうどいろ

色名がわかる辞典の解説

おうどいろ【黄土色】

色名の一つ。JISの色彩規格では「くすんだ赤みの黄」としている。一般に、赤みがかかった黄色のこと。黄色みがかった茶色ともいう。人類最古の顔料である黄土の色を表す。絵の具や壁の塗装などに用いられてきた。英名イエローオーカー(yellow ochre)、仏名オークルジョーヌ。中国の黄土高原など砂漠の土の色はもう少し薄い。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

おうどいろ【黄土色】

黄土のような赤みを帯びた黄色。イエローオーカ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おうど‐いろ ワウド‥【黄土色】

〘名〙 慣用色名の一つ。黄土に似た茶色みをおびた黄色。
※LIBER STUDIORUM(1930)〈寺田寅彦〉三「空は真青に、ビルディングの壁面は温かい黄土色に輝いて居る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

リテラシー

1 読み書き能力。また、与えられた材料から必要な情報を引き出し、活用する能力。応用力。2 コンピューターについての知識および利用能力。→コンピューターリテラシー3 情報機器を利用して、膨大な情報の中か...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

黄土色の関連情報