コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄土色 おうどいろ

色名がわかる辞典の解説

おうどいろ【黄土色】

色名の一つ。JISの色彩規格では「くすんだ赤みの黄」としている。一般に、赤みがかかった黄色のこと。黄色みがかった茶色ともいう。人類最古の顔料である黄土の色を表す。絵の具や壁の塗装などに用いられてきた。英名イエローオーカー(yellow ochre)、仏名オークルジョーヌ。中国の黄土高原など砂漠の土の色はもう少し薄い。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おうど‐いろ〔ワウド‐〕【黄土色】

黄色がかった茶色。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おうどいろ【黄土色】

黄土のような赤みを帯びた黄色。イエロー-オーカ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

黄土色の関連キーワードアイゾメシバフタケ(藍染芝生茸)ハリガネオチバタケ(針金落葉茸)ヌメリササタケ(滑笹茸)マツカサキノコ(松毬茸)スギエダタケ(杉枝茸)オオツガタケ(大栂茸)ショウゲンジ(正源寺)斑点病(レッドトップ)サンゴイソギンチャクヤツガシラ(戴勝)アイゾメシバフタケキツネタケ(狐茸)バーバリーエイプアセタケ(汗茸)ウスタケ(臼茸)ツガタケ(栂茸)ダフラオアシスクビワコウモリイグチ(猪口)イエローオーカ

黄土色の関連情報