ネイティブ・アメリカン

知恵蔵の解説

ネイティブ・アメリカン

アメリカ・インディアンの自称及び公称。1973年、かつてのスー族大虐殺の地、サウスダコタ州ウンデッドニーの教会を、武装したアメリカ・インディアン運動(AIM: American Indian Movement)のメンバーが占拠し、米国政府がこれまで破ってきた協定(371に上る)を守れと主張して籠城(ろうじょう)した。アルカトラズ島占拠事件をきっかけに70年代に入って急速に燃え上がったレッドパワーの頂点に位置するのが、このウンデッドニー事件である。AIMはその後も、「インディアン」差別への抗議行動を繰り広げたが、今日では、ネイティブ・アメリカン固有の文化を若い世代に普及させていく運動に重点を移した感がある。だが、失業率は依然、非常に高く、最も貧困に苦しむマイノリティーの現実にさしたる変化はない。「インディアン」問題の根深さは、それが米国建国の条件、方法、意味そのものと不可分なところにある。

(井上健 東京大学大学院総合文化研究科教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネイティブ・アメリカン
ねいてぃぶあめりかん
Native American

南北両アメリカ大陸に住む先住民の総称であるが、おもに「アメリカ・インディアン」とよばれてきた人々をさす場合が多い。アメリカ先住民ともいう。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ネイティブ・アメリカンの関連情報