自称(読み)ジショウ

デジタル大辞泉の解説

じ‐しょう【自称】

[名](スル)
自分から名のること。真偽はともかく、名前・職業・肩書などを自分で称すること。「流行作家を自称する男」
人称の一。一人称。
自分で自分を褒めること。
「我より外に心も剛に案も深き者あらじと―して」〈義経記・五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じしょう【自称】

( 名 ) スル
実体はどうあれ、自らこうだと称すこと。 「 -音楽家」
代名詞のうち、話し手が自らをさしていう語。一人称。
自慢すること。 「我より外に心も剛に案も深き者あらじ、と-して/義経記 5

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じ‐しょう【自称】

〘名〙
① (━する) 自ら称すること。実際はそうでないのに、あるいは、世間ではそう認めていないのに、ある身分、肩書、名前を持っていると自分で称すること。「自称大学教授」「自称画家」
※平治(1220頃か)下「下総国相馬郡に都を立て、平親王と自称せしが」 〔礼記‐曲礼下〕
② (━する) 自分のことをさして呼ぶこと。
※史記抄(1477)二〇「小子は自称ぞ。先人に対して称する語ぞ」
③ (━する) 自分をほめること。誇示すること。自慢。
古今著聞集(1254)一〇「東八ケ国打勝(うちすぐ)りたるよし自称仕まつる」
※随筆・戴恩記(1644頃)下「自称がましき事、ここにしるすも汗顔ながら」 〔呉志‐呉範伝〕
④ (━する) 鎌倉・室町幕府の訴訟法で、相手方の主張を承認すること。承伏。
※高野山文書‐(年未詳)(平安末)二月二三日・平家経請文「当庄可綺撿断之旨、令自称之由事。訴人誰人候哉。自称実否、下賜彼状開子細候也」
⑤ 代名詞中、話し手が自己をさしていう語。一人称。〔語法指南(1889)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

自称の関連情報