公称(読み)コウショウ

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)
一般に発表されていること。表向きにいわれていること。「公称部数六〇万部の雑誌」「参加者三万人と公称する」
おおやけ名称

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① (━する) おもてむきにとなえること。一般に発表されていること。公表。
※政党評判記(1890)〈利光鶴松〉四「何人も必ず共通す可き無偏無党の中和を、自家特得の発見物なるが如くに公称したるは何ぞや」
② おおやけの名称。名義。
※内務省達乙第五七号‐明治一一年(1878)九月九日・三条「邸内社堂並掛所道場引直及寺号公称等は総て第一条の手続に従ひ願出」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

公称の関連情報