コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネオ・ビザンチン neo-Byzantine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネオ・ビザンチン
neo-Byzantine

ビザンチン様式の装飾性豊かなスタイルモチーフにしたスタイル。余分なものは取り去り,すっきりとまとめる方向に傾斜してきた現代的デザインとは対照的で,逆にそれが新鮮な魅力となっている。 1989年,ロメオ・ジリによって発表された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ネオ・ビザンチンの関連キーワードアレクサンドルネフスキー大聖堂ノートルダムダフリーク教会ティミショアラ正教大聖堂ウラジーミル聖堂ミチューリンスクチュニス大聖堂ビザンチン様式聖ミコロ教会エレツ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android