コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネクトネブフ1世 ネクトネブフいっせいNekhtnebf I; Nectanebo I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネクトネブフ1世
ネクトネブフいっせい
Nekhtnebf I; Nectanebo I

古代エジプト第 30王朝初代の王 (在位前 379~前 363) 。ネクタネボ1世とも呼ばれる。アケメネス朝ペルシアの侵入に悩まされ,約 20万の異国人と2万のギリシア人傭兵軍を率いて侵入したペルシアの将軍ファルナバズスに一時は敗北を喫したが,メンデス近郊の激戦ののち,ペルシア軍を撃退し,ペルシアからの脅威を取り除いた。一方ギリシアとの貿易では輸入品に税をかけて利益を神殿に捧げた。また治世の後半は各地で神殿の修復にあたり,下エジプトのベフビットエルハガルのイセウム (イシス神殿) やセラピウム,フィラエ島の神殿建立に着手したことで知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android