ネジマウント(読み)ねしまうんと,ねじまうんと

カメラマン写真用語辞典の解説

 レンズをカメラに取り付ける部分をマウントというが、そこがネジ込み式になっているものをネジマウントと総称する。または英語から スクリューマウント と呼ぶこともある。代表的なのは直径が42mmのM42マウントで、もともとは東ドイツのプラクチカが採用、日本ではペンタックスが採用し、その後、ヤシカ、リコー、コシナ、チノンなども採用して汎用的なマウントになった。つい最近までコシナがM42マウントの一眼レフを生産していたが生産を終了してしまった。  なお、ネジマウントで有名なのは、なんと言ってもライカLマウントで、ライカのコピーが世界中で作られたことから汎用的なマウントになっている。これもコシナなどによってライカLマウント互換のレンジファインダーカメラが作られており、さまざまなメーカーによってLマウントのレンズも作られている。

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android