コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネジマウント ねしまうんと,ねじまうんと

カメラマン写真用語辞典の解説

ネジマウント

 レンズをカメラに取り付ける部分をマウントというが、そこがネジ込み式になっているものをネジマウントと総称する。または英語から スクリューマウント と呼ぶこともある。代表的なのは直径が42mmのM42マウントで、もともとは東ドイツのプラクチカが採用、日本ではペンタックスが採用し、その後、ヤシカ、リコー、コシナ、チノンなども採用して汎用的なマウントになった。つい最近までコシナがM42マウントの一眼レフを生産していたが生産を終了してしまった。  なお、ネジマウントで有名なのは、なんと言ってもライカLマウントで、ライカのコピーが世界中で作られたことから汎用的なマウントになっている。これもコシナなどによってライカLマウント互換のレンジファインダーカメラが作られており、さまざまなメーカーによってLマウントのレンズも作られている。

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android