コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネットワーク型電子マネー ねっとわーくがたでんしまねー

2件 の用語解説(ネットワーク型電子マネーの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ネットワーク型電子マネー

インターネット上での決済を目的とした電子マネーのこと。ユーザーは、ウォレットソフトを利用して銀行口座から電子マネーを引き出しショッピングサイトなどで買い物をするときの支払いに使う。主に少額の決済に利用されている。販売側では、クレジットカードでの決済に比べて運用コストが低く抑えられる利点がある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ネットワークがた‐でんしマネー【ネットワーク型電子マネー】

インターネット上で決済情報がやり取りされる電子マネー。あらかじめ専用のソフトウエアウェブサイトで、クレジットカードや銀行口座に関する情報を登録する必要がある。主にインターネット上でのコンテンツ購入など、電子商取引に利用される。サーバー型電子マネー。→ICカード型電子マネープリペイドカード型電子マネー

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone