ネットワーク型電子マネー(読み)ネットワークガタデンシマネー

デジタル大辞泉の解説

ネットワークがた‐でんしマネー【ネットワーク型電子マネー】

インターネット上で決済情報がやり取りされる電子マネー。あらかじめ専用のソフトウエアやウェブサイトで、クレジットカードや銀行口座に関する情報を登録する必要がある。主にインターネット上でのコンテンツ購入など、電子商取引に利用される。サーバー型電子マネー。→ICカード型電子マネープリペイドカード型電子マネー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ネットワーク型電子マネー

インターネット上での決済を目的とした電子マネーのこと。ユーザーは、ウォレットソフトを利用して銀行口座から電子マネーを引き出し、ショッピングサイトなどで買い物をするときの支払いに使う。主に少額の決済に利用されている。販売側では、クレジットカードでの決済に比べて運用コストが低く抑えられる利点がある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android