ネバダ造山運動(読み)ねばだぞうざんうんどう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネバダ造山運動
ねばだぞうざんうんどう

北アメリカ大陸西岸の山脈地域に、中生代ジュラ紀から白亜紀初期にかけておこった一連の造山運動。ネバダ変動ともいう。とくにシエラ・ネバダ山脈地域にみられる造山運動をその典型とする。この造山運動は、大西洋が開き始めて北アメリカプレートが太平洋プレートと衝突したことによって引き起こされたものと考えられる。この衝突に伴って激しい褶曲(しゅうきょく)、変成作用、大規模火成活動が西岸山脈の中で場所と時期を少しずつ変えておこった。[吉田鎮男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android