コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネヘミア記 ネヘミアきBook of Nehemiah

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネヘミア記
ネヘミアき
Book of Nehemiah

旧約聖書歴史書の一つ。本来『エズラ記』とともに1巻の書で,ヘブライ語聖書では『エズラネヘミア』と呼ばれる。ギリシア語訳では,別に存する外典『エスドラス (エズラのギリシア音訳) A』と区別するため『エスドラスB』と称し,ウルガタ訳では『エスドラスB』を分けて『エスドレI (エズラ書) 』『エスドレ II (ネヘミア書) 』としているが,この区別は3世紀頃には行われていたと思われる。一般には前 300年頃『歴代志』の続きとして同書の著者が編集したとされ,エルサレム城壁修復,宗教・社会改革,神殿祭儀復興などが述べられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ネヘミア記の関連キーワードハギオグラファ第3エズラ記第2エズラ記ユダヤ教典礼旧約聖書アドニアアザリヤ歴史文学

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android