コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歴代志 れきだいしDivre Hayomim; First and Second Books of the Chronicles

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

歴代志
れきだいし
Divre Hayomim; First and Second Books of the Chronicles

旧約聖書中「諸書」に属する歴史書。元来は1巻であったが,セプトゥアギンタ以来上下2巻に分けられるようになった。先行する歴史書や資料を利用しつつ,神学的な関心から特に神殿建築と祭儀,王たちの宗教的態度に焦点をおきつつ歴史を書き改めたもので宗教的教訓の性格が強い。内容は (1) アダムに始るイスラエル人系図 (上1~9章) ,(2) ダビデ治世 (同 10~29章) ,(3) ソロモンの治世 (下1~9章) ,(4) ソロモンの子レハベアムからウジヤの子ヨタムの死までのユダの歴史 (同 10~27章) ,(5) 宗教改革,特にアハズの子ヒゼキヤとアモンの子ヨシヤによる宗教改革,70年に及ぶバビロン捕囚 (同 28~36章) に分たれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

れきだいし【歴代志 Chronicles】

旧約聖書にある上・下2巻の歴史書。翻訳聖書では《列王紀》に続く書物だが,ヘブライ語原典聖書では巻末に置かれている。上1~9章は最初の人アダムからダビデまでの系図,上10~29章はダビデ伝,下1~9章はソロモン伝,下10~36章は王国分裂からバビロン捕囚までの歴史について語る。この時間的広がりは,《創世記》から《列王紀》に至る9書の歴史に等しい。事実,《歴代志》の著者は《サムエル記》と《列王紀》の相当部分を引用する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

歴代志
れきだいし
dibr hayymmヘブライ語
The Book of Chronicles英語

旧約聖書』39巻中の一書。ヘブライ語原典は現在、ギリシア語訳(『七十人訳聖書』)に従い、上下2巻に分けられるが、本来は一書であった。同書最終形態の成立年代は紀元前4~前3世紀であろう。その内容は、アダムを始祖とする諸系図(上1~9章)、ダビデの治世(上10~29章)、ソロモンの治世(下1~9章)および南王国(ユダ)諸王の治世(下10~36章)からなる。その主題は、祭司的歴史観に基づき、宗教(神殿、祭儀)を中心とした、南王国ユダの歴史を記述することにある。たとえば、アダムに始まる諸系図を述べて、南王国を諸民族とイスラエル諸部族の中心に位置づける。さらにダビデとソロモンを理想化し、彼らの神殿建設への尽力を詳述し、ユダ諸王の神殿と祭儀とに対する態度を批判して、南王国の栄光と挫折(ざせつ)の因果を示す。[定形日佐雄]
『石田友雄著『歴史文学』(『総説旧約聖書』所収・1984・日本基督教団出版局)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

歴代志の関連キーワードシェションク1世ハギオグラファエルサレム神殿エレミヤ哀歌第3エズラ記マナセの祈りネヘミヤ記アシュドドシバの女王イシボセテネヘミア記エズラ記ヨナタン歴史文学アザリヤアドニアゼカリアアタリーゴリアテミリアム

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android