コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネマ Nema

デジタル大辞泉の解説

ネマ(Nema)

モーリタニア南東部の都市。マリとの国境に近い。古くからサハラ隊商路の要衝として栄え、現在は首都ヌアクショット希望街道で結ばれる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内のネマの言及

【納戸神】より

納戸にまつられる神。納戸はヘヤ,オク,ネマなどと呼ばれ,夫婦の寝室,産室,衣類や米びつなどの収納所として使われ,家屋の中で最も閉鎖的で暗く,他人の侵犯できない私的な空間である。また納戸は女の空間でもあり,食生活をつかさどるシャモジとともに,衣料の管理保管の場所である納戸の鍵も主婦権のシンボルとされていた。…

※「ネマ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ネマの関連キーワードムライ・ウルド・モハメド ラグダフプレミアム・ダイニング・シネマアメリカンニューシネマアニエマチェン[山脈]シネマスコープサイズギムネマ・シルベスタストゥデニツァ修道院ルイ リュミエールきんえいアポロビルコネマラ国立公園キネマトグラフ住乃江 田鶴子トッキュウ7号シネスコサイズシネマート新宿アウケール砂漠モーリタニア淡帯根円翅蛾岡田 宗太郎スピロヘータ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android