コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネマ Nema

デジタル大辞泉の解説

ネマ(Nema)

モーリタニア南東部の都市。マリとの国境に近い。古くからサハラ隊商路の要衝として栄え、現在は首都ヌアクショット希望街道で結ばれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のネマの言及

【納戸神】より

納戸にまつられる神。納戸はヘヤ,オク,ネマなどと呼ばれ,夫婦の寝室,産室,衣類や米びつなどの収納所として使われ,家屋の中で最も閉鎖的で暗く,他人の侵犯できない私的な空間である。また納戸は女の空間でもあり,食生活をつかさどるシャモジとともに,衣料の管理保管の場所である納戸の鍵も主婦権のシンボルとされていた。…

※「ネマ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ネマの関連キーワードムライ・ウルド・モハメド ラグダフプレミアム・ダイニング・シネマアメリカンニューシネマアニエマチェン[山脈]シネマスコープサイズストゥデニツァ修道院スタジオジブリ総選挙TOHOシネマズ日劇ギムネマ・シルベスタギムネマシルベスタきんえいアポロビル住乃江 田鶴子キネマトグラフアウケール砂漠シネスコサイズシネマート新宿白井 信太郎松本 栄三郎淡帯根円翅蛾スタリ・ラス

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android