コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近い チカイ

2件 の用語解説(近いの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちか・い【近い】

[形][文]ちか・し[ク]二つのものが空間的、時間的に、また心理的に離れていないさま。
距離の隔たりが少ない。遠くない。「駅に―・い」⇔遠い
時間の隔たりが少ない。「正月が―・い」「―・いうちに完成する」「年のせいかトイレが―・い」⇔遠い
関係が密である。親密である。「半年の交際で―・い間柄になる」「首相に―・い人々」⇔遠い
血のつながりが密接である。「―・い親戚」⇔遠い
性質・内容・程度などの隔たりが少ない。「オレンジ色に―・い赤」「理想に―・い相手」⇔遠い
(「目が近い」の形で)近眼である。「細かい字を見すぎて目が―・くなった」⇔遠い
[派生]ちかさ[名]

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ちかい【近い】

( 形 ) [文] ク ちか・し
空間的に、隔たりが小さい。あまり遠くない。 「駅に-・い場所」 「目的地は-・いぞ」
時間的に、隔たりが少ない。 「 - ・い将来、この計画は必ず実現します」 「 - ・いうちに伺います」
もう少しでそうなる。ほどなくその段階に達する。 「完成が-・い」 「米寿に-・い高齢」
密接な関係にある。 「政府に-・い筋からの情報」
血縁関係が密接である。 「 - ・い親戚」
親密である。親しい。 「社長とごく-・い関係にある人」 「心を-・く思ほせ我妹/万葉集 3764
性質や内容がよく似ている。ほとんど同じである。 「朱に-・い赤」 「酒に-・い飲み物」 「不可能に-・い」
(「目がちかい」の形で)近視である。
▽↔ 遠い近く
[派生] -さ ( 名 )

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

近いの関連キーワード酸い対立力無い饑い程近い物堅い物悲しい野暮堅い類いない又無い

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

近いの関連情報