コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

まり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

まり

飲食物を盛る器の一種で,今日のに相当するものをさすが,土器であるわんのほか,木製の椀,陶磁器の碗,金属性区別があった。ともにの深いもので,高台やふたをつけたり,花形につくったりしたものもある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

まり

谷川俊太郎、広瀬弦による絵本作品。2003年刊行。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

まり

( 連語 )
〔「まれ」の転。中世語〕
…であろうと。…でも。多く「でまり」の形で用いられる。 「何と-立身せうと思うたこは物ぢやほどに/蒙求抄 5

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

まり
まり / 鞠・毬

球形の遊戯具。まるい形という古語「まろ」(まる)からきている名。皮革、糸布、ゴム、プラスチック製などがある。奈良時代、すでに蹴鞠(けまり)が中国から伝えられ、平安時代以後も京都の公家(くげ)階級を中心に行われた。その後、手を用いる手まり遊びが生まれた。最初は手玉式にまりを投げ上げ、それを地面に落とさないように受け止める遊びであったが、この曲芸をしてみせる品玉(しなだま)づかいという旅芸人も現れた。江戸時代、弾力性をもつ木綿糸の普及から、下方について遊ぶ糸まりがつくられた。糸まりは、ぜんまい、おがくずなど弾力のあるものを綿や布で包み、芯(しん)にしてその上に絹糸などを巻き、美しい模様に仕上げたもので、少女たちの玩具(がんぐ)として親しまれた。現在も郷土玩具として各地にみられる。1882、1883年(明治15、16)ごろからドイツ製ゴムまりが輸入され、1898年ごろから国産品が出回った。その後野球、テニスなどの登場で需要が激増、広く愛用されている。[斎藤良輔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

まりの関連キーワードシングル・アゲインローストビーフローストポークポットロースト塊割り・塊割タイドプール手まり(鞠)まりも羊羹谷川俊太郎鞠歌・毬歌伏せ屈り伏し屈りひだまり塡まり役げらげらでれ助尻窄み焼き豚草屈り纏まり

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

まりの関連情報