コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネリネア Nerinea

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネリネア
Nerinea

軟体動物門腹足綱ネリネア科の化石巻貝。塔状で,多くの層から成り,丈が高い。外唇は薄く,後方部に裂け目状のスリットがあって,これが切れ込み帯として,縫合部の直下にみられる。外唇および内唇には多くの場合ひだが発達し,螺塔の全長を通じてみられる。このため,貝殻の縦断面をつくってみると,軸をめぐって特有の形の室が配列し,特有な内部構造をもった螺管であることがわかる。これがネリネア科の分類に重要な役を果している。この属はジュラ紀から白亜紀に生存し,ジュラ紀に繁栄した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ネリネアの関連キーワード鳥ノ巣動物群鳥巣動物群