コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネルハの洞窟 ネルハのどうくつ

1件 の用語解説(ネルハの洞窟の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ネルハのどうくつ【ネルハの洞窟】

スペインの世界的に有名なリゾートコスタデルソル(太陽の海岸)の拠点で、同国南部のアンダルシア地方の都市マラガ(Málaga)から約50kmのネルハ(Nerja)郊外にある、約2万年前の新人類(ホモサピエンス)のクロマニヨン人の住居跡遺跡。マラガバスターミナルからはバスで1時間。ネルハバスターミナルから同10分の場所にある。1959年に発見された全長800mの鍾乳洞の中で、クロマニヨン人の描いた壁画のほか、人骨や武器、痩身具などが発見された。この鍾乳洞の中の、高さ60mの滝がある巨大な空間には舞台がつくられ、毎年8月には、国際舞踏音楽祭が開かれている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ネルハの洞窟の関連キーワードリゾートウエア志摩スペイン村リゾートリゾートホテル世界人リゾートハウスキロロリゾートスペインの歌ルスツリゾートリゾートダイバー

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone