コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネルハの洞窟 ネルハのどうくつ

1件 の用語解説(ネルハの洞窟の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ネルハのどうくつ【ネルハの洞窟】

スペインの世界的に有名なリゾートコスタデルソル(太陽の海岸)の拠点で、同国南部のアンダルシア地方の都市マラガ(Málaga)から約50kmのネルハ(Nerja)郊外にある、約2万年前の新人類(ホモサピエンス)のクロマニヨン人の住居跡遺跡。マラガバスターミナルからはバスで1時間。ネルハバスターミナルから同10分の場所にある。1959年に発見された全長800mの鍾乳洞の中で、クロマニヨン人の描いた壁画のほか、人骨や武器、痩身具などが発見された。この鍾乳洞の中の、高さ60mの滝がある巨大な空間には舞台がつくられ、毎年8月には、国際舞踏音楽祭が開かれている。

出典|講談社
世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone