ネルンスト‐リンデマンの式(英語表記)Nernst-Lindemann equation

法則の辞典の解説

ネルンスト‐リンデマンの式【Nernst-Lindemann equation】

元素単体の定圧比熱 CP と定積比熱 CV との関係を表す式.CV温度変化の計算に用いられる.

CPCVACP2T

ただし

である.ここで γ は体積膨張率,κ は圧縮率である.A は物質固有の定数であるが,ある温度における V,κ,γ,CPから計算で求めることが可能である.なお,この式は「ルイスの式」と呼ばれることもある.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android