コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定積比熱 テイセキヒネツ

デジタル大辞泉の解説

ていせき‐ひねつ【定積比熱】

容積を一定に保ったまま、温度をセ氏1度上昇させるのに要する熱量。主に気体の場合に用いる。定容比熱。→定圧比熱

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

定積比熱【ていせきひねつ】

定容比熱に同じ。→比熱

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

栄養・生化学辞典の解説

定積比熱

 一定の体積条件で,単位質量の物質を単位温度上昇させるのに必要な熱量.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ていせきひねつ【定積比熱】

物質の体積を一定に保ったときの比熱。定容比熱。 → 定圧比熱

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

定積比熱
ていせきひねつ

比熱」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の定積比熱の言及

【熱】より

…物質の比熱は一般に温度によって異なるし,また熱を加えるときの条件にも依存する。とくに体積一定にしたときの比熱を定積比熱CV,圧力一定のときの比熱を定圧比熱CPと呼ぶ。一般に後者のほうが大きな値をもつが,その理由は,加えた熱の一部が圧力に抗して膨張する仕事に使われるからである。…

【比熱】より

… 比熱は同じ物質でも温度や圧力によって異なり,とくに物質の状態が気体,液体,固体であるかによって大きく異なる。また熱の加え方によっても差を生じ,一定圧力のもとで温度を上げるときの比熱を定圧比熱,一定体積のもとで温度を上げるときの比熱を定積(容)比熱という。定圧比熱をcP,定積比熱をcvとすると,一般にcPcvであるが,それは,圧力一定で温度を上げると,一般に体積が膨張し,その分だけ余分に熱を必要とするからで,0~4℃の水のように温度が上がると体積が減少する場合はcvcPとなる。…

※「定積比熱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

定積比熱の関連キーワードマイヤー(Julius Robert von Mayer)フォン=カルマンの遷音速相似法則グリューンアイゼンのパラメータポアッソンの法則(断熱変化)グリューンアイゼンの関係式ネルンスト‐リンデマンの式ランキン‐ユゴニオの関係式カルマンの遷音速相似法則ジュール=トムソンの法則アインシュタインの比熱式ニュートンの音速の式水素(データノート)ハンフリーズの式水蒸気の物理定数キルヒホッフの式マイヤーの関係式ポアッソンの定数ポアッソンの係数マイアーの関係式カルノーサイクル

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

定積比熱の関連情報