コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネージン Nezhin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネージン
Nezhin

ウクライナ北部,チェルニゴフ州の都市。首都キエフの北東約 120km,デスナ川支流オスチョル川にのぞむ。 11世紀に源をもつ古い都市で,17~18世紀の建築物が保存されている。革命前から小さな工業中心地であった。食品 (食肉,缶詰,油脂) ,機械,ニスなどの工業がある。教育大学,郷土博物館をもつ。鉄道分岐点で,ハイウェーも通る。人口8万 2000 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ネージンの関連キーワードマルコーニ(通信機器メーカー)ロバート・アラン フェルドマンローレンス ワインバックアルス・エレクトロニカレネッタ マッキャンマイロン ショールズマーティン サリバンミヒャエル ポートフザ・ボディショップゴーゴリ(年譜)レオ ヒンドレーサフラ キャッツエルベ マルタンジョン マックジム スモールビル グロスゴーゴリ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android