コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネーパー(単位) Neper

1件 の用語解説(ネーパー(単位)の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

ネーパー【Neper】

波動の振幅の大きさを対数目盛で表現する指標.音波の圧力や交流の電圧,電流などの振幅の指標に用いられる.

絶対振幅 p1p2 の二つの比の自然対数 D″=ln(p1/p2)をとり,D″=n のときに n [Np](ネーパー)と示す.対数の考案者ネーピア(J. Napier,ラテン語表記ではNeperoとなる)に因んだもので,1928年に欧州長距離電話国際諮問委員会で採択された.

デシベル(dB)で表した指標 D とは D=20log10eD″=8.6859D″ の関係にある.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ネーパー(単位)の関連キーワード計算尺石数船振幅波動モーメント・マグニチュード対数尺方眼紙片対数図表散乱振幅の式フレネルの式

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone