コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネーパー(単位) Neper

法則の辞典の解説

ネーパー【Neper】

波動の振幅の大きさを対数目盛で表現する指標.音波の圧力や交流の電圧,電流などの振幅の指標に用いられる.

絶対振幅 p1p2 の二つの比の自然対数 D″=ln(p1/p2)をとり,D″=n のときに n [Np](ネーパー)と示す.対数の考案者ネーピア(J. Napier,ラテン語表記ではNeperoとなる)に因んだもので,1928年に欧州長距離電話国際諮問委員会で採択された.

デシベル(dB)で表した指標 D とは D=20log10eD″=8.6859D″ の関係にある.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

ネーパー(単位)の関連キーワードマネーパートナーズグループ

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android