ノイマン‐マリンズの式(英語表記)Neumann-Mullins equation

法則の辞典の解説

ノイマン‐マリンズの式【Neumann-Mullins equation】

二次元の石鹸泡の生成について,隣接する泡の間の圧力差によって,泡の内部の気体が高圧側から定圧側へと境界膜を通じて流れるとすると,境界膜を通過する空気の流速は膜の曲率に比例するものと仮定して

が成立する.この式をノイマン‐マリンズの式という.ここで t は時間,n は泡の角数,k は正の定数で泡の境界膜に依存する.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android