コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノウァティアヌス Novatianus

世界大百科事典 第2版の解説

ノウァティアヌス【Novatianus】

?‐258ころ
ローマのキリスト教神学者。初期の西方教会における大規模な分派運動であるノウァティアヌス派の先駆けとなった。ストア派から転向してキリスト教の洗礼を受け,司祭となる。すぐれた神学者,思想家として知られ,主著《三位一体論》は,ラテン語で書かれた最初の重要な神学的著作とされる。デキウス帝の大迫害(249‐250)において,教会を裏切った信徒の迫害後の教会復帰を認めるか否かの問題で,ノウァティアヌスは非妥協,厳格主義の立場からそれを認めず,穏健派のローマ司教コルネリウスCornelius(251選出)と対立した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ノウァティアヌスの関連キーワードシクスツス2世第四紀4Eポスツムスノウァチアヌス毀棄罪気候変化エフゲニー・プルシェンコトルコ総選挙中国人旅行客の増加