コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三位一体論 さんみいったいろんDe trinitate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三位一体論
さんみいったいろん
De trinitate

400~419年頃にかけて書かれたアウグスチヌスの円熟期の労作。まず聖書の記録に従って三位一体すなわち3つのペルソナ tres personae,1つの実体 una substantiaの教義の解明に努め,次いでこの教義をめぐる教父たちの諸説に論及し,最後に三位一体の秘儀について考察している。ギリシア教父たちはおおむね父と子と聖霊の3つのヒュポスタシス (個性的実体) から出発して神の唯一性を考察し,3神論に陥る危険を思弁的に克服しようとする傾向にあったが,彼は逆に神の唯一性そのものから出発,3つのペルソナ (父,子,聖霊) を神の存在そのものにおける関係概念として説明することによって3神論への傾斜を避け,啓示と救いの働きにおける面を強調する (経綸的) 三位一体論の立場を正統とした。また彼は三位一体の秘儀は啓示と信仰のもとでも理性による十分な把握はむずかしいとし,神の三位一体性を人間の心的活動 (記憶と悟性と意志,あるいは精神と認識と愛) の三位一体性と類比的に説明している。なお"tres personae,una substantia"という表現はすでにテルトゥリアヌスに見出されるが,これを明確に定式化したのはアウグスチヌスである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の三位一体論の言及

【キリスト教】より

…ギリシア哲学の素養をつんだ知識人が改宗しだすと,当然,信条の内容を哲学的に解釈しようとした。そこで問題となったのが三位一体論とキリスト論で,前者に対する疑問はキリスト従属論として現れた。アリウスがその代表で,ニカエア公会議(325)はアリウスを異端としたが,この問題は4世紀の教会を計り知れぬ混乱に陥れ,最終的にはコンスタンティノープル公会議(381)で三位一体論が確定した(〈ニカエア・コンスタンティノポリス信条〉)。…

【グレゴリオス[ニュッサの]】より

…ニカエア信仰の根幹をなす三位一体論を確立したギリシア教父。〈カッパドキア三星〉のひとり。…

※「三位一体論」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

三位一体論の関連キーワードリカルドゥス[サン・ビクトールの]ロスケリヌス[コンピエーニュ]リカルドゥス[サン・ビクトル]イグナチオス[アンチオキア]グレゴリオス[ニュッサの]キリスト・アデルフィアン派ヒラリウス[ポアティエの]ヨアキム・デ・フローリスヒラリウス[ポアティエ]グレゴリウス[ニッサ]ロベルツス[ムラン]ロキ・コンムネスノウァティアヌスアポリナリウス説モナルキアニズムポーランド兄弟団アウグスティヌスエジプト人福音書東西教会の分裂フェリクス1世

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android