コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分派活動 ぶんぱかつどう

2件 の用語解説(分派活動の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

分派活動
ぶんぱかつどう

政治的団体において,綱領や信条をめぐって対立があるとき,一部の分子がファクション (分派,派閥) を形成し,指導権を握ろうとする動きをいう。分派の発生は党内民主主義の確立によって,ある程度防止することができるが,政治変動期においては政党的結合に優越するかたちで利害対立が激化し,分派活動も活発となり,党の分裂にいたることもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぶんぱ‐かつどう〔‐クワツドウ〕【分派活動】

一つの団体内部で、信条・利益などの相違から派閥をつくって、主導権を握ろうと争ったり、団体の基本方針とは別の行動をとったりすること。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

分派活動の関連キーワード権力闘争委員陰謀政治的行為一貫性の原則地方公務員の政治献金公益法人と政治活動憲法14条1項《生粋主義をめぐって》《劇的なるものをめぐって II》

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

分派活動の関連情報