分派活動(読み)ぶんぱかつどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

分派活動
ぶんぱかつどう

政治的団体において,綱領信条をめぐって対立があるとき,一部の分子がファクション (分派派閥) を形成し,指導権を握ろうとする動きをいう。分派の発生は党内民主主義の確立によって,ある程度防止することができるが,政治変動期においては政党的結合に優越するかたちで利害対立が激化し,分派活動も活発となり,党の分裂にいたることもある。しかし中央集権的な指導体制をとる政党では,おおむね粛清,除名,追放などの統制手段によって,分派問題の解決がはかられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぶんぱ‐かつどう ‥クヮツドウ【分派活動】

〘名〙 あるグループや団体内にありながら、出身や利益などの結びつきにより独自の排他的集団を作り、その集団の主導権を奪い取ろうとする活動。また、それを非難していうときに用いられる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

HUAWEI

スマートフォン、タブレット、PC等のハードウエア製造、販売の他、通信事業者向けネットワーク事業も手掛ける中国の民間企業。1987年に中国深●(しんせん)で設立された。中国語表記では「華為技術」。200...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android