迫害(読み)ハクガイ

デジタル大辞泉の解説

はく‐がい【迫害】

[名](スル)弱い立場の者などを追い詰めて、苦しめること。「少数民族を迫害する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はくがい【迫害】

( 名 ) スル
弱い立場にある者を厳しく押さえつけて苦しめること。 「異教徒を-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の迫害の言及

【刑罰】より

…近世に入って織豊時代もこの傾向が続き,かつ全国統制が急がれたから,刑罰は緩和されなかった。江戸幕府の初期も同様で,しかも切支丹信徒迫害のため,〈逆磔(さかさはりつけ)〉〈水磔〉〈牛割(うしざき)〉等の過酷な刑罰が行われた。しかしときとともに幕府の刑罰は残虐さを減じ,将軍徳川吉宗に至って刑罰は大いに改革され,これが《公事方御定書》(1742)に定着した。…

※「迫害」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

迫害の関連情報